農業・畜産・水産

環境にやさしく、しかも衛生的、また扱いやすく廃棄も容易です。
木材パルプを主原料とする不織布は、農業・畜産・水産の場でも幅広く活用いただいています。
軽量という特性も、作業の軽減化に役立っています。

  • 写真:かいわれ大根の苗床
  • 写真:かいわれ大根の苗床(拡大)

特性

キノクロスの保液性を活かして、水耕栽培の苗床として利用されています。
環境負荷の高いウレタン製の苗床に替わるものとして、パルプを主原料とした環境にやさしい製品として開発されました。重量も軽量で、輸送時の負荷も軽減できます。

  1. 廃棄は生ゴミとして可燃ゴミ処理ができるため、地球環境にやさしい製品となっています。
  2. 効率化やショット数アップによるコストダウンを実現しました。
  3. シートセット後の作り置きが可能です。
  4. パック重量を軽量化できます。
  5. パック内での過剰成長を抑制します。

用途

施設作野菜群のひとつである水耕栽培の苗床として、かいわれ大根に代表される発芽野菜(スプラウト)群に使用されています。

この製品はキノクロスを使用しています。