Technical技術力
特徴的な製品(開発品)情報

  • 化粧品開発展(COSME TECH)2020展示製品

    2020年1月20日より22日まで幕張メッセにて、化粧品開発展(Cosme Tech)2020に出展いました。沢山の方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。

    「ふんわり素材でコスメは変わる」をテーマにしたコスメ用不織布の展示内容についてご紹介します。

    化粧水パフ


    薄手シートタイプと厚手複合タイプの化粧水用パフをご用意しました。
    薄手タイプは表裏面にレーヨンの層があるので、表面平滑性の良いなめらかな風合いです。液の吐き出し性が良く、化粧水の無駄を防ぎます。繊維の中でも比較的安価なパルプが主原料なので、コスパ重視の製品に適しています。また、比較的小ロットでの着色対応が可能で、白色以外のカラー(ピンク、ブルー、グリーン)も可能です。

    厚手タイプは、基本構造が表面材、中層、裏面材の三層で、型崩れし難く、坪量、厚みの設定可能範囲が広いのが特長です。表裏面材には様々なタイプの不織布など使用可能です。中層にはパルプや合成繊維以外にも機能性材料を使用することも可能です。他にはないオンリーワン製品に適しています。お客様のご要望を形にするオリジナル製品でご提供します。

    シートマスク

    ふんわり厚手のあたたかみのある素材です。表裏面にレーヨン層があるので、なめらかな風合いが特長です。
    シートは広げやすく、お顔への装着がカンタンです。美容液をたっぷり吸いこんで、しっかりと保持します。
    ハレ日専用など特別な日のスペシャルマスクに適しています。

     

    フレグランスパフ

    水や化粧水がパフに触れると、ローズの香りが弾けます。乾いた状態では香りはあまりしませんが、水分に反応すると香りが弾ける特殊なパウダーを配合したパフです。
    表裏面にはレーヨンの層のあるパルプエアレイド不織布を使用し、毛羽立ちにくい、滑らかな風合いです。繊維脱落のしにくい構造で、大切な肌に繊維残りがしにくい構造になっています。

     

    クレンジングパフ

    メイク落とし用のクレンジングパフ向けの素材です。ウェット加工に適しています。濡れてもへたり難い厚手のパフは、ウェット加工後も厚みを維持します。厚手でしっかりしたパフなので、丈夫で破れにくく、メイク落としも楽ちんです。また、クレンジング液をたっぷり吸収して1枚でもしっかりと拭けるパフです。

     

    ネイルオフシート

    ネイルケア向けのシートです。お手入れやマニキュア落としにお使いいただけます。落ちにくいラメの入ったマニキュアも楽に落とせます。
    片面ごとで表面の粗さが違うシート構造も可能です。力を入れても破れにくく、除光液を使用してもしっかり液を保持するヨレにくいシートです。

     

    コスメシート

    コスメシートは少し贅沢なコスメ専用のシートです。メイクをする際に「口紅がはみ出しちゃった」「少し頬紅が濃いなぁ」こんなときのお役立ちシートです。薄くてしなやかな風合いのシートが、ちょっとしたお化粧直しに役立ちます。
    製品仕上げの加工方法も巻取仕上げや平版加工をはじめとして、ポップアップ、四つ折り、Z折りなどご提案も可能です。

     

    乳液・美容液パフ(開発品)

    「とろっとした液をしっかり吸収!加圧するとしっかり吐き出す!」液の無駄を減らしたパフです。
    一般的には吸収しにくい乳液や美容液、拭き取り化粧水やなどの高粘度液が対象のパフです。クッション性のあるふんわり風合いです。表裏面で異なる不織布を使用すると、片面ずつ風合いや肌触りの異なるパフも可能です。(例:片面を古い角質落とし、片面を通常パフ用途など)

     

    機能性パフ(開発品)

    TDSプロセスの製品は、機能性の材料をシート化できるのが特長です。
    水溶性の機能材を配合すると、水分や化粧水がパフに触れると効果を発揮します。表裏面材に機能性シート(不織布、ティッシュ等)の使用も可能です。お客様のご要望の機能性材料配合の検討も可能です。

     

    かたちシート(開発品)

    100%バイオマス由来の素材のシートです。スタンピング成形のできる不織布です。プラスチック製の容器や包装材をパルプメインの素材に替えられます。通気性、通水性、筆記性も持たせられます。

     

    お問い合わせ

    このページの掲載内容について、何かご質問・お問い合わせなどがございましたらば、下記までメールをお願いします。

    airlaid-nonwoven@oji-gr.com

     

     

    掲載内容及び数値は保証値ではありません。製品化にあたっては各国の法規制を確認する必要があります。