不織布原反:マルチボンディング

中層や表層に合成繊維などを配合し、ラテックスボンディングにサーマルボンディングを併用した製法でエアレイド法の風合いを損なうことなく、ニーズに合った特性を付与できます。
合成繊維の樹脂や繊維形状を選択することにより、ラテックスボンディングにはない柔らかさやエンボス適正、ヒートシール性やウェット強度の向上、また高米坪・厚物品を可能にします。

薄型化と機能性を両立させた、高分子吸収体を使用した素材です。

B・SAPはキノクロス、パルクロス、ハイクロスなどに、SAP(高吸水性樹脂)、SAF(高吸水性繊維)を配合したシート素材。吸水性を飛躍的に高めた製品です。
ヨレ抵抗性にも優れており、「薄い」「型くずれしない」という特性で、薄型ナプキンや失禁パッド、紙おむつ、家庭用品関連などに使用されています。
また、製法上、ロール状での大量生産や、厚さおよび表裏の拡散コントロールが可能です。TDSでもSAP、SAFを高配合することができます。

B-SAP断面図

物性

物性
米坪(g/m2)85135
厚さ(mm)1.11.2
引張強度Dry(N/100mm)
Wet(N/100mm)
40
-
45
-
伸びDry(%)
Wet(%)
13
-
15
-
吸液量 0.9%NaCL g/m21,8004,000