CASE

工業・建築

脱プラ・減プラ素材: タフセルマット・タフセル

Date 2024.01.19
  • 環境にやさしい
  • バイオマス
脱プラ・減プラ素材: タフセルマット・タフセルのサムネイル
─ 概要

セルロース繊維を補強繊維とした脱プラ・減プラ素材です。プレス成形用のタフセルマット、射出成形用ペレットのタフセルをラインナップしております(※製品は王子ホールディングス株式会社と共同開発中)。

課題

  • 地球温暖化問題への取り組みとして、石油由来のプラスチック使用の削減のために、セルロース配合樹脂の開発が進んでいます。

結果

  • 当社独自の技術でセルロース繊維と樹脂を均一に分散させることで、熱によるセルロース繊維のダメージも少なく、セルロース繊維の特性を十分に生かした機能を付与することが可能です。

・セルロース繊維と樹脂を独自の技術により均一分散

・セルロース配合率を高め減プラに対応

・剛性と耐衝撃性を両立した成形体

・成形加工方法に応じて最適な複合素材を提案可能

などが特徴です。

1.プレス成形用のタフセルマット(セルロールマット)

 ・熱プレス成形により立体加工が可能なシート。シートは、密度(柔らかさ、硬さ)や厚さの調整が可能。セルロース繊維配合率を変更することで成形後の弾性も調整可能。

【成型前】

【成型後①平板】

【成型後②ドアミラー:絞りのある立体的な形状にも成型可能】

2.射出成形用ペレットのタフセル(セルロール樹脂ペレット)

 ・射出成形用のペレット。マスターバッチとしても使用可能。セルロース繊維へのダメージが少なく、白色度が高いため、着色も可能。セルロース配合率を変更することで複雑な成形も可能。

【タフセル:射出成型用ペレット】

【射出成型体】

※右上の問い合わせボタンより、詳細カタログ一式を入手できます。

オンリーワンの不織布を
一緒につくりませんか?

お電話はこちらから

03-6327-1020

平日9:00 - 17:00