企業紹介

企業理念

人にやさしく、環境にやさしく。Challenge the Next Future.

王子キノクロスは、王子グループのなかで、主としてパルプエアレイドのノンウーブン製造技術を専門とする会社として、独自の素材を提供しています。
1964年、世界ではじめて木材パルプを主原料とした乾式不織布の製造に成功して以来、『志、開発に在り』の信念のもと、独自の素材と高い技術力で、時代のニーズを先取りした製品を生み出し、業界をリードしてきました。近年ではパルプエアレイドから合繊エアレイド分野にも技術が拡大しています。

そして今日、環境への意識が変わり、安全で衛生的な製品への要求が高まり、社会の価値観が大きく転換するなかで、これからの社会や暮らしが求める「人にやさしく、環境にやさしい」製品は何かを考え開発し、安定的に供給していくことが、王子キノクロスの新しいチャレンジ目標であると考えています。
私たちは、『志在開発』を変わることのない理念として、事業を通じてより豊かな未来を築くことを使命と認識し、更なる成長を目指します。

概要と沿革

商号 王子キノクロス株式会社
社名の由来
キノクロスは「木のクロス」を読み替えたもので、
パルプの布を目指してできあがった乾式パルプ不織布を
イメージした社名となっています。
資本金 353百万円(株式会社王子機能材事業推進センター100%出資)
営業品目
  • キノクロス(乾式パルプ不織布)
  • パルクロス(レーヨン入り乾式パルプ不織布)
  • ハイクロス(合成繊維入り乾式パルプ不織布)
  • B-SAP(高分子吸収体入り乾式パルプ不織布)
  • TDS(複合不織布)
  • 紙おむつ など

※製品に関するお問い合わせはこちらへ お問い合わせ

関連会社
  • 王子ホールディングス株式会社
  • 王子タイムリー株式会社
  • キノクロス加工株式会社
  • 王子奇能紙業(上海)有限公司
本社
MAP
〒419-0204
静岡県富士市入山瀬1-2-5
TEL.0545-71-3132 FAX.0545-71-1052
営業本部
MAP
〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目12番8号
王子ホールディングス1号館4階
TEL.03-6327-1020 FAX.03-3542-1070
富士工場
MAP
〒419-0204
静岡県富士市入山瀬1-2-5
TEL.0545-71-3132 FAX.0545-71-1052
富士宮工場
MAP
〒418-0022
静岡県富士宮市小泉380-3
TEL.0544-24-3540 FAX.0544-26-3043
開発研究所
MAP
〒419-0204
静岡県富士市入山瀬1-2-5
TEL.0545-72-3722 FAX.0545-72-3721
1963年 本州製紙(現王子ホールディングス)と専売公社(現日本たばこ産業)と木材パルプによるタバコフィルター共同開発開始
1964年 6月 パルプウェブ製法に成功。中央研究所にテストマシン設置
1965年 7月 本州製紙富士工場内にキノクロス(乾式パルプ不織布)
パイロットマシン設置
1970年 9月 キノクロス工場完成
ライオン「リードクッキングペーパー」生産開始
1971年 4月 大河内記念生産賞受賞
1973年12月 本州ハイライフ設立
1974年 9月 本州ハイライフ富士宮工場完成
紙おむつ生産開始
1975年12月 TDS(完全乾式法不織布)テストマシン完成
1980年 8月 キノクロス生産部門分離独立、本州キノクロス設立
1981年 1月 本州ハイライフと合併
1990年10月 キノクロス2号マシン完成
1991年 6月 紙おしぼり部門を分離し本州タイムリー設立
(現王子タイムリー)
1992年 5月 TDS新工場完成
1995年10月 本州タイムリー新工場完成
1996年 8月 本州製紙より不織布研究室を移管、開発研究所とする
1996年10月 本州製紙と新王子製紙合併により王子製紙となる
1997年 4月 富士工場クッキングペーパータオルおよび乾式パルプ不織布
製品ISO9001審査登録(登録番号:JSAQ159)
1999年 4月 富士工場ISO14001審査登録
1999年 7月 王子キノクロス株式会社に社名変更
2000年 4月 富士工場TDS不織布製品ISO9001拡大審査登録
2004年 6月 王子奇能紙業(上海)有限公司を設立
2006年 2月 関西営業所設立
2007年 1月 キノクロス加工株式会社設立